サジーは味と香りが本当に独特…。最初は飲むのに勇気が必要でした

サジーはまだまだそこまで知名度のある果物ではありません。
そして数少ないサジーを知る人には、「サジーはマズイらしい…」と言われることが多いようです。

もちろんこれはデマでもなんでもなく、サジーはマズイと感じられやすいのは確かです。

見た目にもサジーはまずそう…

わたし自身、サジーを飲んでみようと思った時にまず心配したのがその味でした。
試してみるためにサジーが入った瓶を開けてみると、その香りがとても強烈だったのです。

土っぽいというか草っぽいというか、なんとも言えない独特の香り。
しかもサジーの注意書きには「酸味が強いのでお腹の弱い方は空腹時の引用は避けてください」と書いてある。
これは本当に飲んで大丈夫なのかな…?
とても心配になりました。

特に「無添加」とされている裏ごしジュースはその印象がとても強くて。
どうしても勇気が出ず、最初は飲み出すまでに1週間ほど時間が必要だったほどでした。

キュッとした酸っぱさがクセになる。
でも体調によってサジーの味は感じ方が変わるみたい?

それからやっと飲んでみたら、今度はどこかもったりとした酸っぱさが。
でも、後味はほんのり甘くて爽やかな飲み心地。

飲んだ瞬間はちょっと酸っぱいけれど、さわやかでスッキリしていて思ったより飲みやすい
率直にこう感じました。

はじめて飲んだサジーはステビア入りだったので、たぶん飲みやすかったのだと思います。
1番強烈なのが香りで、味は意外と悪くないと感じました。

また、続けていくうちに不思議でおもしろいこともありました。
その日やそのときの体調によって、味の感じ方が全然違うのです。

  • 寝不足や疲れが溜まっているときは甘みが強く感じられたり
  • 暴飲暴食してしまった翌朝はもったりした味に感じられたり
  • 今日は元気!というときはさっぱりした酸味に感じられたり

1日1〜2回、朝と晩に飲むだけですが、毎回なんとなく味が違うように感じられる。
おそらく酸味は体調によって感じ方が変わるというような説が関係あるのだと思いますが…。
おかげで自分の体調を図るバロメータとしても使えておもしろいです。

無添加のジュースを飲み続けるのはキツイ。
ほんの少しのステビア入りがやっぱり良いみたいです

とは言え、サジーは美味しいものかというとそういうわけではありません。

わたし自身、他社製のサジーも試してみたことがありますが…。
「無添加サジー」は酸っぱさと野草っぽい香りだけに感じるのでとてもクセが強く感じられました
甘みが感じられにくい分、あまり良くないクセが強調されてしまうようなのです。

だからこそ、サジーはマズイ!という印象が強くなってしまうのだと思います。

でも、少しの工夫でそのクセが克服できるのは確かだと思います。
この頃はなんでもついつい「無添加」なものを選んでしまうことが多いですが。
サジーの場合はよりストレスなく続けていくために無添加はキツイです。

ほんの少しのステビアが含まれる、フィネスのサジーがやっぱり良いなと感じています。

わたしは、フィネスのサジー(黄酸汁)を続けています。

フィネスの黄酸汁 豊潤サジー *

有機JAS認定の栄養価が高いサジーを裏ごししたジュース。
ほんの少し配合されたステビアのおかげで他のサジーよりほのかに甘くて飲みやすいです。

こちらも良いかも?

powered by なやみの