子どものヒゲ対策にもNOISUを使うことはできる?

抑毛効果を実感しやすくて顔まわりに使いやすい産毛対策クリームである、NOISU。この効果は子どもでも実感することが可能なのか?というと、おそらく意味のある対策になると思います。

というのも、NOISUはホルモンバランスなど体の中に働きかけるのではなく、毛穴に栄養が届きにくくして毛が育ちにくくする物理的な対策を継続して行っていけるクリームなので、年齢はあまり関係がないものだからです。

クリームとしても余計な成分は極力排除して肌に刺激の少ない成分ばかりを選んで配合されているし、実際に100人のパッチテストも行っています。アレルギーなどではない限り、あまり心配せずに試してみることができるようになっているのです。

もちろん、効果がどれくらい実感できるかというと個人差が大きなところではありますが…。まずは試してみて合えばとてもリスクの少ない子どものヒゲ対策になるのは確かです。

子どもだからこそ、ちゃんとヒゲ対策したかった…

思い起こせば、わたし自身も小さい頃から毛深い方で、眉毛はゲジゲジだしヒゲは生えているしコンプレックスはずっとありました。

でも、「毛が濃いのはどうすれば良いのか?」なんて対策を想像することもできなかったので、コンプレックスを抱えたまま放置することしかできず。たまに男の子にからかわれたり、女の子にクスクス笑われたりするのをグッと堪えるしかないのが辛かったです。

子どもの頃のコンプレックスはけっこう辛いもの

子どもはまあ残酷なもので、ちょっとでも「自分と違う」ものがあればそれをからかう生き物なので…。それを周りの大人に止めてもらうことよりも、「自分が目立たないようにすること」の方が大切ではないかと思います。(その上で、違うことを笑ったり嫌ったりする必要はないことを学んで欲しいというか…)

回避できる辛い思いは回避した方が、やっぱり健やかに過ごせます。

わたしも思春期の頃は「母がもっとこうしてくれたら…!」と思うことが山のようにあって。勝手なものですが、ヒゲ対策や自分の見た目、コンプレックス解消へ向けて、できるだけの手助けしてほしかったなあと悔やんでいました。

今、自分が子どもを持つようになって、小学校でも「見た目を清潔に保つこと」は親が見てあげるように指導されて驚きました。いじめ防止や健やかな人間関係を保つためには見た目にも気を遣うのは当たり前になりつつあるようです。

だからって、子どもにNOISUは安全?

NOISUの主成分は、イソフラボンです。

プラスアルファ、保湿成分や植物由来の美肌成分が配合されていますが、抑毛機能を持っているのはイソフラボンで、それ以外の成分はその機能を底上げするために配合されているのがNOISUの基本的な構成となっています。

NOISUは子どもでも使えるものが使われている抑毛クリーム

イソフラボンはもちろん、大豆由来です(黒大豆由来のものも入っています)。日本人には特になじみの深い食べ物なので、子どもでももちろん、アレルギーがないなら問題ありません。その他の成分も赤ちゃん向けの保湿剤にも入っているものも多いです。あまり過敏になりすぎなくても肌に合うなら大丈夫、と考えられる内容になっています。

そもそも、子どものヒゲ対策といえば、シェーバーでの産毛処理が一般的です。

このシェーバーやカミソリを使った産毛処理の方がそもそも肌への負担が大きいものです。気をつけていても角質も奪われて肌荒れしやすくなったり、将来的に黒ずみやシミの原因になる場合もあります。このリスクを回避するためには、処理回数を減らすしかありません。

抑毛クリームを使っていても、必要な場合は産毛処理をしなくてはいけません。でも、抑毛クリームを遣うことでこの間隔をあけていくことができるので、結果的にヒゲ対策の負担を減らすことにもつながります。

なじむまではとても胡散臭い産毛対策に感じられると思いますが…。

実際に効果を発揮できるようになると、とても肌にやさしくて頼もしい産毛対策として付き合っていくことができるでしょう。

powered by なやみの