そもそも、塩素除去なしでお風呂やシャワーを使うのはダメ?

塩素の除去なんてしなくたって害があるわけでもなし…。
塩素除去が「そんな大げさな…」と思われがちなのは、たぶん、これが大きな理由です。
正直、わたしもそう思います。

水に含まれる塩素は、水を腐らせず清潔なまま運んでくるのに必要なものです。
水道水には塩素が必ず0.1ppm以上の含まれているように、と法律によって定められています

もちろん、限度も定められているので、健康に害が及ぶ!ということもないでしょう。
なので、やっぱり塩素は「わざわざ除去しなくたって…」というものだと思うのです。

でも、なぜかちょっと…?の原因になることはあるかも

でも、水道水に含まれる塩素は、人の皮脂やたんぱく質に触れると中和されます。
ここで塩素は分解されて抜けていくことになります。
そして同時に、皮脂やたんぱく質も壊してしまうことになるようです。

肌が健康な状態だと、ここでたんぱく質が壊れても何の問題もないことがほとんどです。
でも、そうでない場合に状況によっては何か起こってくることがあります。

  • なんとなく、お風呂に入るとピリピリする。かゆみがおこる
  • お風呂上がり、いつもより乾燥しやすくなっているように感じる
  • 髪がパサつく。ごわごわしてくる
  • 湿疹や肌荒れがスッキリ治りきらない

もちろん、原因は別のところにあることも多いものです。
そもそも生活習慣など改善していかないといけないと思います。
でも、塩素の影響も少なからず、受けていることがあることがあるようなのです。

生活や健康面で困らないけれど、少し困ることを緩和する

「病気とかではないけれどやはり困る…」
そんな些細な困りごとを解消するサポートをするのが、塩素除去かと思います。

ちょっとしたことだけど、必要な時もある

健康にされている方ならたぶん、そこまで必要はないでしょう。
でも、

  • もともと肌が敏感な方
  • アトピー(体の反応が肌に出てきやすい)体質の方
  • 疲れていたり体調が良くない方
  • ひどい乾燥に悩まされている方

こんな方にはむしろ、少しでも不快な状態を解消していくための手段のひとつとして、取り入れたらじんわりと役立ってくれるものなんじゃないかと思います。

塩素除去は、必要性を感じる人が取り入れたら良いもの

塩素は水道水を使う限り、必ず入っているものです。
法律で定められているので、今すぐ健康を害することもあり得ません。

でも、塩素は人の皮脂やたんぱく質に触れると中和する性質を持っているので、流水に触れているだけで皮脂やたんぱく質も流れていってしまうことになります。

肌が敏感な方や疲れている時はそれでピリピリや乾燥、痒みが起こったり…。
少し不快な状態になりがちです。
それを少しでも解消したいなら、きっと除去してみる価値はあると思います。
もちろん、塩素そのものが気になる時、より美容や健康に気を使いたい場合も良いでしょう。

少ないながらもお金がかかることなので。
何が何でも除去!ではなく、必要に応じて考えてみるのが良いと思います。

※我が家で使っているシャワーヘッドはこちらです

アラミック イオニックプラス ビタミンCシャワー 日本製 【美容サロンの技術がご家庭向けに登場! 】 IVS-24N

イオニックプラスビタミンCシャワー IVS-24N
Arromic (アラミック)

こちらも良いかも?

powered by なやみの