イオニックCシャワーの注意点。危険はないけどわかると安心

ちなみに、イオニックCシャワーを使っていくにあたって知っておいた方が良いことというのも素人目線でいくつかあると思いました。
デメリットというほどではありませんが、注意点みたいなものでしょうか。

細かい話ではあるものの、もしも!のことを考えて、事前に知っておくと良いのではないかと思います。

シャワーの塩素除去にあたって、少し気にした方が良いこと

塩素除去をしたら逆にお湯がピリピリ!も中にはあるそうです

イオニックCシャワーは、そんなにビタミンCがたくさん使われるわけではありません。
でも、ビタミンC自体はもともと、刺激の強めの成分にあたるものなので、たとえばこのシャワーをつかいはじめてお湯がピリピリ感じるようになったとか、逆に肌が乾燥するようになったという場合、ビタミンCが肌に合っていない可能性があります。
アレルギーがあることも考えられますので、その場合は無理に使い続けず、一旦使用を中止して様子を見た方が良いと思います。

シャワーの向きがちょっと残念…

塩素除去で、防腐効果がなくなります。長期間の汲み置きは良くない

ビタミンCで先に塩素除去をすることで、塩素が持つ防腐・殺菌の効果を失います。
すぐに使って流してしまう分には何も支障はありません。
でも、たとえば長期にわたって汲み置きする時にこのシャワーを通すと、普通の水道水よりもはやく細菌が繁殖したり劣化したりする可能性もゼロではないです。
あまり気にする必要はないかもしれませんが、念のために覚えておくと良いと思います。

塩素除去したお湯でも、洗濯にも使って大丈夫なようです

塩素はさっさと除去されるので保存は注意が必要なものの、洗濯に使う程度なら全く問題はないそうです。
というのもそもそも、人が入ったお湯は塩素が人のたんぱく質によって分解された状態。
それがビタミンCによって分解されたか人のたんぱく質で分解されたかの違い程度しかないので、そこまで気を使わなくても良いそうです。

シャワーヘッドの向きが変えられたらすごく良いのに…!

細かく機能のついたシャワーヘッドでもある、イオニックCシャワーですが…。
1つ、機能的に不満だなあ…と感じているところがあります。

それは、シャワーの向き。

シャワーをしっかり出すためなのかなんなのかわかりませんが、向きが下向きなのです。
普通のシャワーは斜め下くらいなので、頭を下げればシャワーを浴びれますが、こちらは下を向いているので、グイッと頭を出さないと浴びられないのが少しだけ不便です。
(慣れたらまったく意識しなくなりますが)

これでシャワーヘッドが動かせたらとても良いのに…、とたまに思うこともあります。

※我が家で使っているシャワーヘッドはこちらです

アラミック イオニックプラス ビタミンCシャワー 日本製 【美容サロンの技術がご家庭向けに登場! 】 IVS-24N

イオニックプラスビタミンCシャワー IVS-24N
Arromic (アラミック)

こちらも良いかも?

powered by なやみの