喫煙でより不足するビタミンをサジーで補ってみる

タバコは百害あって一利なし、とやめるよう勧められることが多いものです。
とは言ってもそう簡単にはやめられないのがたばこ。

いつかはやめるかもしれないけれど、今はまだ…。
でも、今からできるだけデメリットを排除しておこう!という方もいらっしゃるかもしれません。

  • 肺や器官に大きな負担をかけてしまう
  • ビタミンなど、体に必要な栄養素を壊してしまう
  • 体を酸化させてしまう
  • 多くの発ガン性物質が含まれている

とは言ってもそもそものデメリットを排除するのはやはり、難しいです。
でも、壊れたビタミンを補給したり酸化に抵抗するようにするのはけっこう手軽にできるもの。

喫煙のデメリットをカバーしていくなら、マメに栄養補給をしていくのも良いかと思うのです。

喫煙はビタミンを壊す。風邪を引きやすくなったり肌が荒れたり…

喫煙は体感的にもデメリットを感じることがあります。

  • 朝起きるのが辛くなったり
  • 体が重い、疲れが抜けにくいと感じられたり
  • どうも風邪をひきやすくなったり
  • 肌がくすんだり荒れたりしやすくなったり

そこまで重大ではないけれど何となく不調。
そういう状態を引き起こす原因になっていることも多いようです。

もちろん、そういうプチトラブルを回避するには、禁煙していくのが良いとは思いますが…。
こういう状態は、体の中に必要な栄養素が壊されるために不足して起こっている面もあります。
なので、まずはじめに不足している栄養を補給して、気持ちを軽くするのも良いと思うのです。

特に女性の場合は肌など見た目にも影響してきてしまうもの。
禁煙しようにもそのストレスを回避しておかないと難しくなるでしょう。

だからこそ、まずは補給。
はっきり壊されているとわかっているビタミン補給と、吸うほど進んでしまう酸化対策をしていくのが良いと思います。

体に貯めておけない成分なので、マメな補給が大事

栄養補給する方法は様々ですが、喫煙していると常に足りない状態が続きがちです。
なので、うまく栄養補給するなら「マメに」が大切なポイントになってきます。

一般的に喫煙者は1日1回ビタミン剤を飲んでいても何の意味もないと言われることが多いです。
その理由は、ビタミン類は体の中に貯めておくことができない成分だからです。

喫煙者のビタミン補給はマメさが大切

ビタミン補給→喫煙により破壊→不足
となっているので、喫煙するたびにでもビタミン補給をしていっても良いほどなのです。
もちろん、酸化も同じことが言えます。

仮に補給しすぎても体の中からきちんと出していってくれます。
過不足がないように、と調節するくらいなら、1日に何度か、意識的に補給できるようにしておく方が良いと思います。

ビタミン補給と抗酸化対策にサジーを使うのも良いのかもしれない

喫煙者のビタミン補給や抗酸化対策はなかなか面倒です。
サプリのように飲んでしまえばおしまい、とはなりません。

なので、いくつか自分なりに対策を持つと良いと思うのですが。

その中のひとつにもサジーは良いと思うのです。

  • ビタミンだけでなく、様々な栄養素が効率よく補給できる
  • 抗酸化対策としても優秀。
  • 疲労回復にも役立つクエン酸やリンゴ酸も配合
  • 体のエネルギー源でもあるアミノ酸も多数
  • 不足するとだるさや不調の原因にもなる鉄分も配合

と、たばこを吸うデメリットをカバーしつつ、ストレスや疲れも取り除くサポートをしてもらえるのがメリットです。

ミニカップでグイッと飲むだけなので手軽だし。
ただの食品なので、自分が飲みたいときに飲めば良いのも便利です。
ビタミン剤だと原料が気になることも多いものですが…。
これはサジーという果物を裏ごししただけのジュースなので安心。

と、メリットも多いです。

たばこはなかなかやめられない。
けれど何か対策を取りたい。
それなら、サジーはなかなか良い対策になると思います。

わたしは、フィネスのサジー(黄酸汁)を続けています。

フィネスの黄酸汁 豊潤サジー *

有機JAS認定の栄養価が高いサジーを裏ごししたジュース。
ほんの少し配合されたステビアのおかげで他のサジーよりほのかに甘くて飲みやすいです。

スポンサーリンク

powered by なやみの