美白には肌を焼かないのが大切。そして、体の内側のケアも大切

紫外線が強い季節になってくるとつい気になってしまう美白対策。
日焼け止めを塗ったり、美白化粧品を使ったり、日傘をさしたり。
物理的な日差しへの対策はかなり念入りにされる方は多いもの。

でも、意外と忘れがちなのが体の内側のケアです。

紫外線を浴びてしまったときでも、紫外線に負けない体作りができていると、ダメージの受け方が違ってくると言われています。
いくら日焼け止めをぬって紫外線を浴びないように気をつけても、完全に対策するのは至難の技。
だからこそ、しっかり体の中への対策を行えているかどうかが差をつけるのだと思います。

紫外線対策はまず、紫外線に負けない体づくりから

美白対策はまずは体づくりから

体の内側のケアと言っても、その対策方法はとてもシンプルです。

  • 継続してビタミンCを補給していくこと
  • 適度な保湿で肌を整えておくこと
  • できるだけ生活習慣を整えて、肌の健やかな状態を目指すこと

まず、できるだけ肌が荒れていないときの方が紫外線によるダメージは少ないです。
また、適度な保湿は肌のバリア機能を高めてくれます。
肌を正常な状態にキープすること自体が、実はちゃんと紫外線対策として良いことなのです。

そして、紫外線に負けない肌作りに欠かせないのがビタミンCです。

できてしまったシミにも欠かせないビタミンC

ビタミンCは、肌の栄養素となるため

  • 肌を元気にしてダメージを受けにくくするサポートができるし
  • 肌へのダメージをできるだけ排除しようとするサポートもできるし
  • 肌の代謝を促して、肌のターンオーバーをしっかりサポートしてくれるし

と、肌にとって助かる働きをしてくれる栄養素です。

これから受ける紫外線への対策としても、大切。
受けてしまった紫外線によるシミや乾燥を予防する対策としても、大切。
肌の代謝を促して、シミやくすみを追い出す対策としても、大切。
もちろん、肌の健やかな状態をキープするためにも欠かせない栄養素です。

ビタミンC自体がシミやそばかす、乾燥に何か働きかけてくれるわけではありませんが…。
肌の体力をつけてがっちり守る基盤として、とても重要なものなのです。

でも、ビタミンCは体の中にとどまることができない栄養素です。
きちんと補給しても水のようにサラサラと、一定時間で体の外に出ていってしまうのです。

なので、とりあえずビタミンCをとれば良いわけではありません。
いかに効率良く継続して補給できるかが大切です。

ビタミンCを含有する食べ物はいろいろあるけれど…。
抗酸化対策もできるサジーは便利

紫外線対策に良いとされる食べ物や飲み物はけっこうあります。
いかに継続して補給するか、なのでいろいろな食べ物から意識して摂取すると良いものですが。

わたし自身はそのメインの対策としてもサジーが役立っているなあ、と感じています。

  • ビタミンCの含有量はレモンの9倍らしいし
  • 1度に飲む量は30ml。グイッと手軽に飲める
  • 裏ごしジュースなので1日2〜3回飲んでも問題なし
  • 肌にも欠かせない抗酸化対策も一緒にできる

もともと、生理前のイライラ対策になればと思ってはじめたサジーですが、肌への満足度が思ったより高かったのです。
ビタミン類やアミノ酸、リンゴ酸や鉄分など200種類以上もの栄養素が含まれているのが良いのか、以前よりも

  • 肌荒れしにくくなったり
  • 肌が刺激に対して反応しにくくなったり
  • つやっと乾燥しづらくなったように感じたり
  • 肌のごわつきやくすみなども感じづらくなったり

なんとなく肌が強くなった?と感じることが増えてきたと思っています。

以前、肌のためにハイビスカスティなど美白に良いとされるハーブティも試したことはありました。
でも、独特な味と微妙にかかる手間であっという間に挫折してしまい、効果など感じる間もなかったのです。
それに比べても、手間はあまりかからないし味も意外と大丈夫だしメリットも多いし良かったなあと感じています。

もちろん、適度なスキンケアや物理的な紫外線対策も絶対に必要だと思います。
でも、サジーでしっかり栄養補給できているのもまた、欠かせない対策になりつつあると感じているところです。

わたしは、フィネスのサジー(黄酸汁)を続けています。

フィネスの黄酸汁 豊潤サジー *

有機JAS認定の栄養価が高いサジーを裏ごししたジュース。
ほんの少し配合されたステビアのおかげで他のサジーよりほのかに甘くて飲みやすいです。

スポンサーリンク

powered by なやみの